【まんがで読破】「ヴェニスの商人」ユダヤ人は強欲な金貸しと世間に知らしめた作品(感想)

まんがで読破ヴェニスの商人表紙

おはようございます、もふのきことりです。

まんがで読破シリーズ、ヴェニスの商人を読みました。

「ヴェニスの商人」と聞いても、まったくピンとこなかったのに、30分読んだだけで、ユダヤ人についてとか、高利貸しについてとか、いろいろ考えれて、このシリーズ、ホントすごいです!



まんがで読破 ヴェニスの商人 原作 シェイクスピア 漫画 バラエティ・アートワークス

俺の正義は必ず裁判で証明される

莫大な遺産を受け継いだ令嬢ポーシャに求婚するため、青年パサーニオは貿易商人のアントーニオに支度金の融資を請う。
親友のためにとアントーニオはユダヤ人の高利貸し・シャイロックに借金を申し込むのだが、その担保がもとで事態は思わぬ方向へと展開してゆく……。

シェイクスピアの作品中でもとくに人気の高い傑作戯曲を漫画化!

引用元:[まんがで読破 ヴェニスの商人 原作ウィリアム・シェイクスピア 漫画バラエティ・アートワークス]

約500年昔の、グローバル経済と法律の本質に迫っている戯曲。
ヴェニスの商人は、金融業界の人は読んだ方が良いとされている。

まんがで読破 ヴェニスの商人 基本データ

  • 作者 シェイクスピア
  • タグ #世界の名作 #風刺 #ユダヤ人 #貿易 
  • 気分 #ハラハラ #フムフム
まんがで読破 「ヴェニスの商人」の評価
(5.0)
読まれ度
(1.0)
伝わりやすさ
(4.0)
Amazon評価
(5.0)
感動
(3.5)
総合評価
(3.5)

シェイクスピアの戯曲ってハードルが高いですが、それを楽しめちゃうのでよかったです。
物語としてひきこまれました。
さすがシェイクスピア!

シェイクスピアとは(1564~1616)

シェイクスピア肖像画

イギリス出身。ルネサンス演劇の代表的作家。
卓越した心理描写により、文学史上もっとも優れた作家のひとりに数えられている。
執筆だけでなく、劇団・劇場の経営参画、俳優業もこなし、経済的な成功も得る。
その他の作品に『リア王』『ロミオとジュリエット』等。
引用元:[まんがで読破 ヴェニスの商人 原作ウィリアム・シェイクスピア 漫画バラエティ・アートワークス]

イメージとしては、三谷幸喜かなあ?

まんがで読破 「ヴェニスの商人」 感想

「ユダヤ人は強欲な金貸し」と世界中に知らしめた作品だそうです。

ユダヤ人、そんなまちがったことは言ってないとおもうけど、言ってることが消費者金融的かな。

あと、正しい主張してても、な~んか好きになれないっていう。

この感覚、どこかであったなとおもったら、とろサーモンの久保田でした。
(ロンハードッキリでお金貸してって言われてて、ことわる理由が正論。なのに、なんかな~みたいなかんじ)

ユダヤ人に対する世間の感情は本当に複雑なものだなぁとおもいました。

もし証文に記された契約に違反した場合…
債権者シャイロックは
債務者アントーニオの体の肉を
きっかり一ポンド
好きな場所から切り取れるものとする―
まんがヴェニスの商人引用写真
[まんがで読破 ヴェニスの商人/原作ウィリアム・シェイクスピア ]

債権者シャイロックよ・・・

そういうとこやぞ!

きょうのかしこくなったポイント

*ヨーロッパ人のユダヤ人に対する感情は、複雑で、けっこう古くからある!
*ヴェニスの商人は、500年くらい昔なのに、経済や法律について迫っている戯曲だった!

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

こんな記事も書いてます。

このまんがのヒトラーはやべえヤツ

【まんがで読破】「わが闘争」のヒトラーは終始狂気じみてて目が点(感想) – すばこにこもログ

このシリーズの武士道は大変おすすめ!

【まんがで読破】「武士道」は日本人なら知っておきたい。倫理観の原点だった(感想) – すばこにこもログ

kindle paperwhiteの画面は本当に紙みたいでびっくりする

Kindle Paperwhiteが目に優しい理由がわかった!5つの理由。 – すばこにこもログ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)