まんがで読破シリーズがヤバい。世界中の名作をまんがで読んでいく!おすすめランキング(感想、ネタバレ)

最終更新:2017年7月23日

まんがで読破表紙

突然ですが「まんがで読破」シリーズって知ってますか?
世界中のいろーんな名作をまんがにしちゃってるシリーズです。

そのジャンルは幅広く、日本文学はもちろんのこと、海外文学、経済学、宗教、歴史、心理学、哲学など。

読みづらい古典や文学の内容を、まんがでサクッと知ることができちゃいます。

わたし、まんがで読破を読破したいです!!

読んだら1冊づつこの記事に追加して、まとめていきます。



まんがで読破シリーズのみどころ!

ことりめがねデジタルイラスト

その種類の豊富さ!

www.eastpress.co.jp

公式見に行ったら、種類がた~くさんあってビックリしました。

アインシュタインの「相対性理論」も!?

まんがで読めちゃっていいの?ってかんじ。どんなだろう、めちゃ気になる。

”まんがで読破”は 内容が濃いのに読みやすい!

大きさは文庫版で、1冊1冊は薄くて、30分くらいでサラサラっと読めちゃいます。

でも内容はしっかりしてて、ネットで調べてあらすじを読むよりはぜーんぜん内容が濃い!

たとえばタイトルだけ聞いたことあった『ヴェニスの商人』なんて、へ~~~こんな経済のお話しなんだ~~!!
って目からうろこでした。

全体のストーリーもしっかり作られていて、絵のクオリティも高いです。

(絵を描いたひとの名前がどこにも載ってないのが気になる)

いま、5冊読み終わりましたが、だいぶ賢くなった気分になってます。

武士道?あ~知ってる知ってる。武士道って日本の倫理感のもとになってるよね~。「つまらないものですが」も武士道からなんだもんね。

って、このまんが読んだだけで、けっこう語れちゃいます。

こんな人におすすめ

*原作は読めないけど、どんなお話しか知りたいひと

*教養を広く身につけたいひと

*まんがが好きなひと

*宿題などで読まなきゃいけないひと

*知りたい欲求があるひと

*どの名作を読もうか迷ってるひと

まんがで読破おすすめランキング~

自分の理解度、おもしろさ、原作を読みたくなるか、世間の評価、原作の評価と比較などをもとにランキングにしていきます。

随時追加してます。

1位 まんがで読破 人間失格 原作 太宰治

www.mofnokikotori.net

客観的評価 ★★★★☆☆☆(もふの木データ分析による)
カテゴリ 純文学 男性手記
気分   ゾクゾクしたい 知識を増やしたい
個人的おすすめ度   ★★★★★☆☆
(純文学の一端に触れられる。人間の弱さについて考えさせられる。)

このまんがを読んだ感想は、「おそろしい」のひとことです。

人は、こんな風に病んでいくのか。
少しづつ、それは、自然に。

そして太宰治は、この作品の完成から1か月後に自殺してます。

そんな闇の深い純文学がまんがになってます。

2 位 まんがで読破 武士道 原作 新渡戸稲造

www.mofnokikotori.net

客観的評価 ★★★☆☆☆
カテゴリ 日本思想入門書
気分   日本の倫理観について学びたい 
個人的おすすめ度 ★★★★☆☆☆

宗教の代わりに日本は武士道があるとのこと。
「敵に塩を送る」「銭勘定を嫌う風潮」「文武両道」「武士の情け」「内助の功」「つまらない物ですが」「恥を知れ」「花は桜木」などなど、知らず知らずのうちにわたしたちの生活にしみついているものだった。

日本人として、知っておいて損は無し。

3位 まんがで読破 ヴェニスの商人 原作 シェイクスピア

www.mofnokikotori.net

客観的評価 ★★★★★☆☆
カテゴリ 世界の名作 風刺
気分   ハラハラしたい 知識を増やしたい
個人的おすすめ度  ★★★★★☆☆
(物語としてもひきこまれる)

 

「ヴェニスの商人」と聞いても、まったくピンとこなかったのに、30分読んだだけで、ユダヤ人についてとか、高利貸しについてとか、いろいろ考えることができました。

4位 まんがで読破 夜間飛行 原作 サン=テグジュペリ

www.mofnokikotori.net

客観的評価★★★☆☆☆(もふの木データ分析による)
カテゴリ 世界の名作(フランス) リアリズム文学 
気分 ハラハラしたい 仕事に熱くなりたい   
個人的おすすめ度★★★☆☆☆(さらっと読めた、まんがだと単純になりすぎ?)

あまりたくさんの人には読まれてないけど、全体的な評価や感想は悪くないです。
少年漫画を読んでる気分になってなかなかおもしろいですが、中身はだいぶシンプルかな?

5位 まんがで読破 地獄変・河童 原作 芥川龍之介

客観的評価 ★★☆☆☆☆(もふの木データ分析による)
カテゴリ 純文学 
気分   ゾクゾクしたい 痛烈批判
個人的おすすめ度   ★★★☆☆☆☆
(地獄変について少しわかるようになった)

感想
河童は原作も読んだけど、原作のテーマがむずかしいからか漫画になっても、「?」という感じになってしまった。

芥川龍之介は芸術的だなあ。

この作品の絵は、すごくきれいだった!クオリティ高い!

河童は名前と顔がとうとう一致しなかった。

河童界では、女の人が男の人をめちゃ追いかけてるところが笑った。

6位 まんがで読破 わが闘争 原作 ヒトラー

www.mofnokikotori.net

客観的評価 ★★★☆☆☆☆
カテゴリ  自伝的政治哲学書
気分    ヒトラーのことを知りたい 独裁者になっていく過程を知りたい
個人的おすすめ度  ★★★☆☆☆☆

興味深くおもしろかったけど、これ、わが闘争?
ヒトラーの半生というかんじ。

まとめ

*まんがで読破シリーズは、超有名な文学や古典の入門にめっちゃいい!
*まんがで読破シリーズは、種類が豊富すぎて、それこそあらゆるジャンルの知識が得られる!

アインシュタインの相対性理論は、さいごにとっておこうかな

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

こんな記事も書いてます。

Kindle Paperwhiteが目に優しい理由がわかった!5つの理由。 – すばこにこもログ

東大生の超勉強法〜本の選び方&読み方〜 – すばこにこもログ

読みっぱなしは読んでないのと一緒!?『読書は一冊のノートにまとめなさい』 – すばこにこもログ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)