Kindle Paperwhiteが目に優しい理由がわかった!5つの理由。

f:id:mofnokikotori:20170308054703j:image

キンドルを持つ前は、電子書籍って目に悪いイメージがありました。
実際スマホで漫画を読んでいたのですが、読み終わると、はーつかれた~ってなってました。
 
でもKindle Paperwhiteにしてからは、そんなこともなくなりました。
紙を読んでるのと同じ感覚になります。目に優しいかんじがする。
 
「なんで目に優しいんだろ?」って調べてみたら、想像以上に技術力がすごかった!
 
なのでその理由を5つにまとめてご紹介します~
 
f:id:mofnokikotori:20170308053737j:plain
  

  ブルーライトが、なんと、ゼロ! 

Amazon公式によると、なんと、ブルーライトがゼロなんですって!おくさん(井戸端会議風)
 
ゼロってすごいなぁ。
 
こちらのグラフをご覧ください。
f:id:mofnokikotori:20170307050939j:plain
ブルーライトの量を比較したグラフです。
Kindle Paperwhiteは、いちばん下の水色の線です。
 
出典:日経トレンディネット
Kindle、kobo、7型タブレット…測ってわかった!電子書籍端末のブルーライト量に“大差” – 日経トレンディネット
 
ブルーライトは睡眠前に浴びると、眠気を促すホルモンを抑制してしまうことも研究結果でわかっているそうです。
なので、ゼロにこしたことはないかな。
 
 

実際のインクを使っている

f:id:mofnokikotori:20170308054129j:image

どういうこと??というかんじなので、Amazon公式のくわしい説明を読んでみましょう。
 

目に優しく紙のような読み心地
Kindleは実際のインクを使用しているため、紙の本と同じようにくっきりとした美しい文字を表示します。タブレットのように強い光を発することなく、常に周辺環境と同じ自然な明るさになるため、目が疲れにくく、長時間でも快適に読書を楽しめます。
出典:Amazon

 とのことです。
 
本当に紙なのでは…って感覚になってきます。
紙も、白すぎない白。やさしい白。オフホワイト。
 実際に見ると、ほんとーに感動しますっ
 
▼か、紙?
f:id:mofnokikotori:20170308053845j:image
 
 
なんなら、スリープ状態のときは石版に見えます。
電子的なモノにはまったく見えないふしぎ。
 
f:id:mofnokikotori:20160910063139j:plain
 
▼い、石?
f:id:mofnokikotori:20160910063108j:plain
 
 

間接光

キンドルの光は、間接光なんだそうです。
照明で「間接照明」って聞くと、なんかやさしい光をおもいだします。
リクツはそんなかんじです。
 
ipadのようなタブレットは、光の向きが目に向かってるのに対し、Kindle Paperwhiteの光の向きは、画面から奥に向かってるそうです。
 
なので、液晶画面にある、あのまぶしい感覚がまったくないです。
 
やさしい明るさ。いやされます。 
 

細かな明るさ調節

明るさは自動調節ではないのですが、24段階で調節できます。
まわりの明るさや、自分の目の状況にあわせて好きなように微調整してます。
 f:id:mofnokikotori:20170308054628j:image
 
 

豊富なフォントサイズ

フォントサイズは、8段階調節です。
 
母親は読書好きなのですが、老眼で大変そうです。
そんな母にこちらを見せたところ、メガネ無しでも読書ができるっておどろいてました。
 
キンドルは老眼の強い味方!?
100歳になっても読書をしよう~(^O^)
 
f:id:mofnokikotori:20170308053947j:image
 
▼いちばん小さいフォント。(書体も選べます)
f:id:mofnokikotori:20170308053953j:image
 
▼わたしはこれくらいで読みます
f:id:mofnokikotori:20170308054636j:image
 
▼ちょい大きめ
f:id:mofnokikotori:20170308054642j:image
 
▼上から2番目の大きさ
f:id:mofnokikotori:20170308054658j:image
 
▼いちばん大きい
f:id:mofnokikotori:20170308054703j:image
 
あまり大きすぎるとななめよみができないけど…じっくり読むならいいかも? 
 
でも 好きな大きさで読めるので、目の負担軽減になります。
 
 

Kindle paperwhiteを、1年使った感想(目について)

とにかく、キンドルが大好きで、いつも一緒に持ち歩いて寝る時は枕の下に入れて寝てるのですが、そこまで読み続けていても、目が疲れにくく快適に読書できてます。(紙と同じようには目は疲れるとおもいます)

寝る前は、スマホとかブルーライトが出るものはなんとなく見たくないのですが、kindleは寝る直前まで読んでても負担に感じないので、ふとんの中で本読む派としては本当にうれしいアイテムです。
 
ブルーライトがゼロで、光がこっちに向かってないっていうのはこんなに楽なんだ~って感じました。

キンドルはこんなひとにおススメ

  • 寝る直前まで本を読みたいひと
  • 老眼のひと
  • 子育て中で赤ちゃんのそばで暗くしたまま本を読みたいひと
  • 飛行機や長距離移動するひと
  • 通勤中に本を読むひと
  • たくさんの本を持ち歩きたいひと

キンドルが目にやさしい理由、まとめ

  • ブルーライトゼロ!
  • Eインクを使ってる
  • 関節光
  • 細かな明るさ調節
  • 豊富なフォントサイズ
目の労りについて、すごく考えてくれてる端末です。
この技術力、ほんと~にすごい☆゜:。*゜+
 

モフちゃん

地球に生まれてよかったーーっっ
 
 f:id:mofnokikotori:20170308054007j:image
 
 
▼この記事で使用しているモデル

 
これから買う人におすすめなモデル
▼容量しっかり+お風呂で読める!2018年11月7日防水対応Newモデル

  

▼容量莫大(マンガをたくさん読むひと)+お風呂で読める!2018年11月7日防水対応Newモデル

 
  

▼値段気にしない+片手操作+容量莫大+明るさ自動調節+お風呂で読める=いっちばんいいやつ

 

さいごまで読んでいただきありがとうございます☆゜:。*゜+   

ほかにもこんな記事を書いてます。

電子書籍紙書籍比較画像
【とことん比較】電子書籍のメリットデメリット。自分のゆずれないポイントを見つけよう!
キンドル感想アイキャッチ
KindlePaperwhiteを1年使った感想。良い点・気になる点をしっかりレビュー
【2018年秋決定版キンドル選び方】自分に合ったKindleを選ぼう!(全22種類徹底比較)

4 Comments

mofnokikotori

ドロテアさん、コメントありがとうございます(*^◯^*)
はい、ついスケール大きくなっちゃったやーつです笑

返信する
Syo-waOtoko

ブログへの星ありがとうございます。
ブログ読ませて頂きました。とてもタメになる記事が多く、今後参考にさせて頂くかもしれません。読者登録しました!

返信する
mofnokikotori

昭和男さん、はじめましてありがとうございます!
読者登録うれしいです(^v^)
よろしくおねがいします♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)