「服を買うなら、捨てなさい」は、服を買ったら読んでみよう!(実践、感想)

服を買うなら捨てなさい表紙

服が好きだけど、いっぱいたまりすぎて困ってた、モフの木 ことりです。

ワードローブをもっとシンプルにして整理したいなーっておもってたところ、片づけ本で人気の「服を買うなら、捨てなさい /地曳いく子」を手に取ってみました。

パラパラ〜っと立ち読みしたら、けっこう耳が痛いこと書いてあったので、これは買わなければ!とおもって購入。

実践してこの1年、服をどんどん処分するようになって、ワードローブが半分になりました!

クローゼットの中身はこんなかんじ
関連記事>>>服を断捨離するコツ!「手放す服」と「残す服」を選ぶ手順(クローゼット画像あり)

なのに、前より着まわしに困ってません。

いろいろなお片付け本の中から、この本は人生の教科書になりました。

そんな「服を買うなら、捨てなさい」の感想やポイントをご紹介しますーっ





「服を買うなら、捨てなさい」内容、ポイント4つ 

①服飾に特化している 

断捨離系では、わたしは服に関するところがいちばん気になるので、全編服飾関係のこの本は読みごたえ十分!

 

②ミニマルすぎない 

制服化とまではいかなく、まず3割捨てるだけでもおしゃれになるよというかんじなので、わたしにとっては現実的です。

(制服化も憧れますが、初心者のわたしはそこまではまだ辿りつけないので。)

 

 

③スタイリストキャリア30年超え、大量の服に出会って所有していた過去がある。 

経験値が高くて、勉強になります。

 

 

④得意分野をのばしましょうというスタンス 

自分に似合うものを大切にして自分のスタイルをのばしましょう”ということが書いてあります。

 

パンツスタイルが似合わないわたしは、どうしたものかと思っていたけれど、これを読んで安心してそのスタイルを捨てる決心がつきました! 

 

 

 

「服を買うなら、捨てなさい」の目からウロコで特に勉強になったこと、2つ 

①ワンシーズン(約3ヶ月)に対してのアイテム数

 

普段履きの靴 2〜3足

トップス 10〜15枚(ニットやブラウスなど。Tシャツ類も含む)

ボトムス 3〜4枚(スカート、パンツ。あるいはどちらかだけでもOK)

ジャケット、カーディガンなどの羽織りもの 2枚

冬ならここにアウターが1〜2枚入ります。

 

 

この総量を超えないように、ワードローブを維持できれば最高。このくらいが、ちゃんと着られて面倒も見られる実際の数です。

 

 

 f:id:mofnokikotori:20160423065303j:image

 

想像以上に少ない!

これくらいでもおしゃれに過ごせるんだなぁって思いました。

 

「バリエーションの呪い」にかかっていました。

 

 

②靴には、しっかりお金をかけても、元がとれる。 

・現代に生きる私たちは、一日のほとんどを靴を履いて過ごしている。

・普段から使えるデザインの靴は、週に3回から4回履ける。

・すぐに置いてしまうバッグより身に着けている時間が長い

靴が服を格上げする

 

高い靴は手が出ず、つい安い靴を買ってしまっていました。。

靴にお金をかけられるひとになりたいです。

「服を買うなら、捨てなさい」が教えてくれたこと

この本のタイトルは、「捨てなさい」と書いてありますが、この本が捨てる以上にわたしたちに教えたいのは、
 
自分らしいスタイルを作りなさい
 
ということです。

「服を買うなら、捨てなさい」を読んで変われたこと、感想

f:id:mofnokikotori:20160423065313j:image

確実に服を減らせました。

しかもただ捨てるのではなく、選び方がしっかり書かれているので正確な減らし方ができました。

この本をガイドにして、1年以上実践してみた結果、今まで1年に4回衣替えしないとクローゼットにかけきれなかったのが、1年に2回の衣替えでもクローゼットにかけきれるようになりました。

春夏は一緒に、秋冬は一緒にかけておくというかんじです。

バリエーションの呪縛を捨てられたのが大きいです。

自分の好きなスタイルをつらぬけるようになってきました。

関連記事>>>【春コーデ】減らして厳選した服の中から15コーデ考えてみた(シンプル・ブルー系・プチプラ)

選ぶ服、残す服、きちんと選べるようになったので、この本を買って本当に良かったです。
忘れないように何度も読み返してます。

こんなひとにオススメ

  • ミニマリストまでいかないけど、シンプルに暮らしたいひと
  • シンプルライフの中で、おしゃれを楽しみたいひと
  • 洋服がたくさんあるのに、着る服がないひと

まとめ

  • 「服を買うなら、捨てましょう」は、ただ捨てるだけの本ではない
  • 「服を買うなら、捨てましょう」は、流行や、バリエーションの呪縛から解き放ってくれる
  • 「服を買うなら、捨てましょう」は、自分の得意分野をのばすの手助けになる本

ことばメモ

今からでも大丈夫。
自分の得意分野や長所を見つけたら、あわてず、あせらず、そこを磨いていきましょう。  
[服を買うなら、捨てなさい/地曳いく子]
 
 

 

さいごまで読んでいただきありがとうございます☆゜:。*゜+

ほかにもこんな記事を書いてます。

ミネラルBBクリーム
温泉で見つけた!つけたまま寝れるBBクリーム。お泊りすっぴんはコレで自信が持てる【すっぴん風メイク、プチプラ】
「貧乏入門」幸福になるお金の使い方をするために大切な3つのこと【読書感想】
【買って良かった2017】生産性(コスパ)がとても良かったモノ10選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)