すばこにこもログ

インドア系趣味ブログ

【プリンシパル】大人気いくえみ男子「弦」の魅力をぜーんぶまとめる(漫画)

初めて読みにきてくれた方に読んでもらいたい記事、10選。

おはようございます、もふのきことりです。

いくえみ綾の作品が大好きです。

いくえみ綾さんの作品では、実写映画化された「潔く柔く」や、ドラマで話題になった「あなたのことはそれほどでも」が有名です。



いくえみ作品は、恋愛とかぜんぜんわからない頃から読みはじめました。
そこからずっと読み続けて、いくえみ綾さんの作品はほとんど全部そろえてます。


その中でもとくに大好きな作品「プリンシパル」が実写映画化されるのでうれしい!!

映画化されると知って気になったのは、「」というキャラのキャスト。

いくえみ男子(いくえみ作品に登場する男子)の中でも「プリンシパル」の「弦」は超絶人気のある男子なので、ファンとしても大注目なんです。

いくえみ男子のこまかい説明はこちら
ネタバレ「太陽が見ている(かもしれないから)・いくえみ綾」男女の友情は成立すると信じてる。でもせつない。【漫画全巻感想】 - すばこにこもログ


いくえみファンの間でも「弦かわいい!」の声多数です。

見た目はこんなですがね。

プリンシパル弦
出典:プリンシパル/いくえみ綾



そんな「弦」を演じるのは、ジャニーズWESTの小瀧望さん。
初主演(黒島結菜さんとW主演)だそうです。

ビジュアル的にはちょっと違うかな?てかんじもしますが、どんな風に寄せてくるのか、楽しみです。


今日は、そんな小瀧望さん演じる、大人気いくえみ男子プリンシパルの「弦」の魅力を、いくえみファン目線でぜーんぶまとめちゃいます。
プリンシパル全巻表紙




その前に・・・これだけは知っておきたい

プリンシパルのざっくりあらすじと見どころ

基本データ

作者 いくえみ綾
全7巻 マーガレットコミックス

客観的評価★★★★★☆☆(もふの木データ分析より)
ジャンル 高校生 友情 転校生 イケメン 10巻以内完結
気分   キュンキュン じーん
個人的おすすめ度★★★★★☆☆
注目度も高く、全体的な評価も高め。

プリンシパルとは

「プリンシパル」という単語の意味は、バレエ団のトップ階級にいるダンサーという意味だそうです。

主役ってこと。

プリンシパルざっくりあらすじ、見どころ

主人公の女の子「糸真(しま)」ちゃんは、ともだちにハブられたり、いろいろぼっちなんだけど、そんなしまちゃんが、誰かの主役になれるか!?
がメインテーマです。


このマンガの魅力は、なんといっても、2人の男子、「和央(わお)」と「弦(げん)」。

プリンシパル和央と弦
出典:プリンシパル/いくえみ綾

この2人は学校中女子から好かれてる超人気男子で、雲の上の存在。
「2人はみんなのもの」という暗黙の掟があります。

そこに1人の転校生「糸真(しま)」ちゃんがやってきて、そんな掟も知らずに接近してしまい…というストーリーです。


糸真ちゃんの登場によって変わっていく和央と弦の関係もこの作品の見どころのひとつです。

幼い頃からずっと一緒だった二人。
お互いに心のよりどころとしていたけれど、少しのボタンのかけちがいでほつれた糸は複雑に絡みあってしまう。

単なる恋愛まんがにおさまらず色々考えさせられるのが、いくえみ作品のすばらしいところです。

複雑なのにどろどろしていないところがいい!



全体的にはいくえみ綾さんにしてはめずらしく、めちゃくちゃ王道のラブストーリーだけれど、それが本当に良かったです。

めっちゃキュンキュンできます。


プリンシパル 相関図~っ

プリンシパル相関図

がんばって作りました。
いくえみ作品は人間関係が複雑なので、配置に苦労します。
(がんばったアピール)

小瀧望さん演じる超絶人気いくえみ男子、プリンシパルの「弦」の魅力まとめ

絶妙なBL感。

いくえみ男子ってBL感はほぼ出してこないのですが、弦は、幼なじみの和央のことが大好きです。

もう、和央和央言ってます。


弦にとって和央は自分の一部発言しちゃったり。
最初の方は、「弦はアレなの?BLな人なの?」ってかんじです。

弦の和央に恋してる感の威力は抜群。

もう弦と和央くっついたらいいじゃないっておもっちゃいます。

最初はね。

黒王子との対比が際立つ、天然記念物白王子。

弦は見かけによらず白王子です。天然で純粋。
不器用だけど案外素直で、小学生男子っぷりがかわいい。
そんなところがキュンキュンします。

これは、黒王子がいるから際立つ。

わおくんの方がパッと見白王子ですが。
プリンシパル和央
出典:プリンシパル/いくえみ綾

でもわおはリアリストの黒王子。鋭い男。腹黒イケメン。

この対比がおもしろいです。
愛しの白王子…ってかんじです。

ついでに言っちゃうと、黒王子もカナリいいです。
好みが分かれます。


たまに垣間見えるほの暗さ

ちょっとした影を見せるときもあります。
そこもいい!


弦、なんかどんどんかっこよくなるんだが…ってなる

物語が進むにつれて弦がかっこよく見えてきます。


大人になっていくのかな。
弦の表情が優しくなって行くのもキュン。


序盤ホント子供なので、あの弦がまさかここまで成長するとは…っておもいます。


やさしい

要所要所で周囲の人々にやさしさを出してきます。
弦は絶対いいひと。なんだかんだで性格がいい。
育ちの良さが出てます。

糸真ちゃんとのシーンがもれなくいい。

弦がなにかと糸真に絡みにいくのが微笑ましいです。
無自覚だけど。


メガネ弦かっこいい!

眼鏡の弦は、かなりイイ!

髪を途中から短くして、それは、長いほうがいい短いほうがいい好みがわかれますが、眼鏡は総じて高評価。

プリンシパル弦眼鏡
出典:プリンシパル/いくえみ綾

弦の鈍感さが物語に彩りを与えてくれる

自分の気持ちにも鈍感な弦。
それが、「プリンシパル」をおもしろくしてます。


「忘れてた」の弦が無意識すぎて、かっこよすぎるし、不器用弦の一世一代の一言がツボすぎるんです…!



「プリンシパル」感想

7巻までのあいだに、だいぶ成長する弦。
本当にどんどんかっこよくなっていきます。

でもそれ以外の登場人物もみんなそうで、環境の変化や、友達からのの言葉などで少しずつ変化しようとするみんなにじーんとします。



愛にはいろいろなかたちがあるんだなぁとこの作品を見ていて感じました。

弦の和央への愛情も然り…☆


何回読んでも夢中になってしまう作品です。

ことばメモ

「よけいなこと言いそうだからな
焼きそばのはなしくれーでいんだ」

プリンシパル弦名言
出典:プリンシパル/いくえみ綾
引用:プリンシパル/いくえみ綾


人間つい余計なことを言ってしまいがちですよね。
やきそばのはなしくらいがいいんです。


まとめ

*「プリンシパル」は黒王子と白王子の対比に注目。
*小瀧望さん演じる弦は、魅力あふれる登場人物!
*プリンシパルはみんなの成長ストーリー
*めっちゃキュンキュンできちゃうまんが


さいごにお気に入りのシーンをひとつ
プリンシパル弦と和央
出典:プリンシパル/いくえみ綾
オブラートはいろんなものを包める!



さいごまで読んでいただきありがとうございます。



関連リンク

美醜の壮絶入れ替わり漫画「宇宙を駆けるよだか」見所と考察【漫画全巻感想】 - すばこにこもログ

【ネタバレ】バイト先恋愛漫画「恋は雨上がりのように」の見どころと感想【漫画全巻感想】 - すばこにこもログ

Kindle Paperwhiteが目に優しい理由がわかった!5つの理由。 - すばこにこもログ