読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kindle Paperwhiteのカバーをフェルトで自作してみよう!

もふのきファクトリー(裁縫) 創作

【ブログ初心者】100記事目までに学んだ、100のこと。【まとめ】

f:id:mofnokikotori:20160911081040j:image
 
 

少し前に、Kindle Paperwhiteを購入しました。

 

 

f:id:mofnokikotori:20160910063226j:image 

↑kindleに添い寝~のポンタくん

 

 

手にしたら想像以上の良さ!

 

画面のマット感。

目が疲れないというのは本当ですね。

 

スリープ状態は、石板のようです。

f:id:mofnokikotori:20160910063108j:image

 

石板↓

f:id:mofnokikotori:20160910063139j:plain

 


これで、たくさんの本を読めちゃうんだから不思議です。
もっと、一般的なタブレットっぽいかんじかと思っていました。
 
 
f:id:mofnokikotori:20160911080015j:image
 
 
 
会社で見せたら、
 
「え?なにそれ?それ本物?ヤマダ電機とかに置いてある見本のヤツじゃなくて?」
 
って言われました。
それくらい軽くて、ホント中身が空の見本品みたい。
 
あと、kindleって画面が白黒なんだよな~と思っていたのですが、ぜんぜん白黒でOKって感じです。
 
読書に集中できるので、かえって良いです。
 
あ~Amazonのまわしもののようだ。
でも、Amazon信者になりつつあるかも。
 
↓おまつにこんなこと言われました。
f:id:mofnokikotori:20160911075913j:image
 
 
前置きはこれくらいにします。

Kindle Paperwhiteのカバーを探してみた

 

持ち運び中に傷がついたらかなしいので、とりあえずカバーさーがそ♪
ってことでAmazonをめっちゃ見ました。
 
いろいろ見た結果…
 
候補1  
 

 
軽くておしゃれ。
 
これにしよう!ってとこまでいったのですが、ちょっとまてよ。
 
わたしのもとめているスタイルって、このタイプのカバーじゃないのかもと、考えはじめました。
 
読んでるときは、なにもついてなくていいかもな〜。
 
持ち運ぶときだけ収納できれば。キャリングケースと言いますか。
ということでもうちょっとさがしてみることに。
 
候補2
 
これこれ!こうゆうの!レビューもいいかんじ。
 
 
でも、ちょっとメンズっぽい。その後も探したけれど、こういうタイプでかわいいのがなくて、いいや作っちゃえということになりました。
 

ということで作り方

用意するもの

 

*フェルト2枚(厚いもの。2mm以上)
 
f:id:mofnokikotori:20160910063434j:image
 
↓こんなの

 

 

*普通の厚さのフェルト(アイロンでつけられるものだと便利です。)
 
↓こんなの 

 

 
*針と糸
 
*紙
*えんぴつ
*ものさし
f:id:mofnokikotori:20160910063515j:image

*はさみ
*つけたいデコパーツ
*デコパーツをつける接着剤
 


1.Kindleの大きさをはかる

 計測中…。

f:id:mofnokikotori:20160910063812j:image

 ふむふむ。

せっかく作るなら、ぴったりのものを作りたいですね。

 

2.はかった大きさにあわせて型紙をつくる

 

f:id:mofnokikotori:20160910155836j:image

型紙なしで、ジョキジョキいきたいところだけど、あわてないあわてない。

型紙があったほうが、キッチリしあがります。

お裁縫は、短気をおこさないことが肝要です。 

 

ちなみに、Kindle Paperwhiteの場合

縦 約17センチ

横 約11.5センチ

 

だったので、型紙は

 

縦 18センチ

横 13センチ

 

で作成しました。

 

上の写真は、1㎝の方眼用紙なので大きさがわかりやすいと思います。

 

3.型紙に合わせて生地を2枚切る

 

f:id:mofnokikotori:20160910155929j:image

 ジョキジョキ…

角をまあるく。

 

生地2枚できました

 

f:id:mofnokikotori:20160910160032j:image

 よし、いいかんじ。

 

4.つけたい模様も型紙を作り、同様にフェルトを切る

 

こんなかんじにしようかな〜

f:id:mofnokikotori:20160910160121j:image

 ねことうさぎで迷いました。

 

5.作ったアップリケをくっつける

(アイロンでくっつくフェルトならアイロンがけするだけです)

f:id:mofnokikotori:20160910160220j:image

 

 

6.まわりを縫っていく 

 

f:id:mofnokikotori:20160910160335j:image

 

ブランケットステッチです。

毛布のまわりとかに使うステッチらしいです。

 

ブランケットステッチの縫い方

 

もうちょっとがんばれ、縫い縫い…

f:id:mofnokikotori:20160910160431j:image

 

f:id:mofnokikotori:20160911075936j:image

 

7.お気に入りのデコパーツを接着して完成

 

布にもプラスチックにもくっつく接着剤で。

 

できた!

f:id:mofnokikotori:20160910160501j:image

読書って、イメージ夜なので、夜っぽくしてみました♪

 

うしろ

f:id:mofnokikotori:20160910171918j:image

 

よこ

f:id:mofnokikotori:20160910171934j:image

 

うえ

f:id:mofnokikotori:20160910171942j:image

 

アップ

f:id:mofnokikotori:20160910171951j:image 

 うさぎさんとピンクの星は、ぬいつけて、雲はアイロン接着、星は布にもくっつく接着剤でつけました。

 

 

実際に入れてみよう

 

 

f:id:mofnokikotori:20160910160622j:image

うん、ピッタリ!!

 

これでおでかけも安心〜。

 

f:id:mofnokikotori:20160910170307j:image

 

 

まとめ

 

自分で作ると、自分の趣味まっしぐらなケースが作れちゃいますよ。

 

色だって、おもてもうらも、好きなのをチョイスできます(*^◯^*) 

 

 

ポイントは、外側に使うフェルトは、2㎜以上の厚いものでというところです。

 

この記事を読んで、作り方がわかんないよ〜!というところがあれば、ご連絡ください。

 

*「かわいい、自分の好きな色で作れる、持ち運び中に傷がつかないようにする」ということが目的のケースなので、本当の意味で衝撃から保護したい方は市販のものを使用する方をおすすめします。

 

ブログ村テーマ
ハンドメイドのある暮らし。

ハンドメイド大好き。

kindle

 

 

こんな記事も書いています

www.mofnokikotori.net