読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すばこでゆるライフ

インドア系趣味ブログ

【感想】サバンナ八木真澄『ぼくの怪獣大百科』【楽しい本!】

インドアライフ 書籍

初めて読みにきてくれた方に読んでもらいたい記事、10選。

f:id:mofnokikotori:20160801182057j:image
 
この本楽しい!!
 
こんな、純粋に楽しい本があるなんて!って思いました。
 
というわけで今回は、「単純に楽しい本」をご紹介します。

 

ご紹介しますのは、お笑いコンビ・サバンナのツッコミ(たまにボケ)担当の八木真澄さんが書いた、『ぼくの怪獣大百科』です。
 

 

電車の中で読もうとしたら笑っちゃってダメだったので、すばこに帰ってから、心おきなくアハアハ笑いながら読みました~。
 
この本を読んで、なんだか、ほがらか~な気分になりました。
 
 

『ぼくの怪獣大百科』の前書きが、まず楽しい!

 
ロレックス、ベンツ、マンションなど高価なものを持ってる人がいる。
だがぼくは怪獣を100体持っている。 
 
素敵です。
お金で買えないものを、サバンナ八木さんは持ってるんだなぁ。ジーン。
 なんて、単純なわたしは思っちゃいます。
 

でもこの部分を、100体全部見終えた後に読むと、

「あの100体持っててどうすんねんっ!(笑)」ってツッコミたくなります(笑)

 
もうホントに、愛すべきおバカさんというかんじです。
 
 
引用続けます。
 
「ここで紹介するのは、ぼくが考えた怪獣たちだ。
みなさんも怪獣に思いをめぐらせてはいかですか。
そして、よかったら、ぼくの怪獣と戦いましょう。八木真澄」 
 
戦わせたいな。
 
こういうくだらない遊びを誰かとできたら楽しそう~!
 
 

目次?索引?も、楽しい!

 
冒頭に索引があって、怪獣の名前ですぐに調べられるようになっています。
 
ま〜全体的に(いい意味で)バカだな〜!ってかんじですが、サ行はとくにバカだな感が強いです(笑)
 
f:id:mofnokikotori:20160801175502j:image
 
 
「ジルシ」て。
秀逸やわ~。
シに濁点つけちゃうところがウケる(笑)。
 
「スヤスヤネズミ」
「成長木」
「シュッポ」
「去りゆく人々」…。
 
名前を見てるだけで、何コレ〜(笑)(笑)ってなります。
はぁ、楽しい。
 
 

わたしの推し怪獣、ベスト3

 3位から!
 
ザンッ
 
f:id:mofnokikotori:20160802194501j:image
 

f:id:mofnokikotori:20160802172829j:plain

怪獣NO.086

 
ミタイ、オシタイ
 
ミタイはいろんな景色を見るのが大好きである。
オシタイは押すのが大好きである。
 
相方、高橋茂雄のコメント
 
「見たいという気持ちは理解できるが、押したいという気持ちは理解できない。」
 あはははは~!
たしかにたしかに(笑)
押したいって(笑)
 
 
2位は~
 
ザンッ

f:id:mofnokikotori:20160802172548j:plain

f:id:mofnokikotori:20160802172547j:plain 

 

怪獣NO.58

ハートストロング
 
けっして折れない心を持っている。
他の怪獣から尊敬されている。
 
高橋のコメント
 
「心が折れる怪獣はどうなのだろう?」
(笑)(笑)(笑)
 
 
 
 そして、1位の発表です!
 
ザンッ!!
 

f:id:mofnokikotori:20160801183159j:plain

 

f:id:mofnokikotori:20160801183237j:plain

 怪獣NO.64
ヒゲブトン
 
寝すぎていると、朝になると
ヒゲにくるまれている。

 

 
そしてそしてサバンナ高橋茂雄のコメント。
 
ヒゲとは言えないような場所にまで毛が生えている。  
あはははははは〜!!
高橋のコメント最高。 
 

 まとめ

 
人の良さそうな怪獣が多く、サバンナ八木の人柄があらわれてます。
 
また、アイデアってこれくらいゆるくていいのかもしれないな~って思いました。
 
 
そしてこの本を読んで、 ツッコミの大切さを痛感しました。
 
ツッコミがあって、笑いが生まれる。 
 
高橋もすごい!!(ボケ担当なんだけどね。)
 
 

さいごに怪獣をかんがえてみた

 
ベロダシ帽
 
 f:id:mofnokikotori:20160803054015j:image
 
 
見た感じはかっこいい帽子だけど、誰も見ていないところでベロを出す。
麦わら帽子に多いので要注意。 
 
 
 あなたも怪獣を考えて、一緒に戦わせませんか?(笑)
 
 
 
 さいごまで読んでいただきありがとうございます。
 
 こんな記事も書いてます。