読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すばこでゆるライフ

インドア系趣味ブログ

読まないなんてもったいない!本を読むメリット5つ。

インドアライフ インドアライフその他

初めて読みにきてくれた方に読んでもらいたい記事、10選。

f:id:mofnokikotori:20160726081904j:image

なぜ、「本を読んだ方がいい」と言われているのでしょうか?

なぜ、子供の頃から本を読まされているのでしょうか。

 

本を読むことのメリットについては様々ありますが、子供の頃から本好きなわたしが、これは間違いないと考えるメリットについてご紹介します。

 

 本を読むメリット5つ

1.想像力が豊かになる

 

 文字だけのものを読んでいると、想像力をフルに使うので、想像することが得意になります。

 

こんな風につぶやいてる方もいます。

https://twitter.com/siitan895/status/757482280189251584

モチってかわいい…。

 

そしてその養った想像力は、生活にけっこう役立ちます。

 

仕事では、

 

「あとで絶対ああなるから、こうしておこう」

「きっとこんな風に言われるから、こう言おう」

 

というかんじで、先のことを想像したり相手のことを考えながら動いています。

 

 

また、こんな名言もあります。

 「想像力は、知識よりも大切だ。知識には限界がある。想像力は、世界を包み込む」

byアルベルト・アインシュタイン

  

想像力、すばらしいな!

 

ちなみに、この言葉で気をつけたいのは、アインシュタインは、知識を否定しているのではないということです。

 

知識+想像力は、知識だけより最強だということです。

 

 

余談

うちの父親はアインシュタインが好きすぎて、「一石 〇〇」っていう名前の名刺を作っていました。

ドイツ語のアインは、1、シュタインは、石という意味だそうです。

 

それはわかるとして、なぜに名刺?

 

f:id:mofnokikotori:20160727053423j:image

 

そして、「イチイシ」ってなんか言いづらいなぁ!(笑)

 

 

2.ストレス解消になる

 

 1日6分間読書をするだけでも、ストレス解消になります。

 

こちらについては、以前の記事に書きましたので、貼っておきますね。

www.mofnokikotori.net

  

f:id:mofnokikotori:20160727053436j:image

私服ver.

 

 3.コスパがすごい

 

 宇宙だって買うことができます。

大げさかな?

 

ピースの又吉直樹さんは、『第2図書係補佐』でこのように書かれています。

 

気になる本は手に取り裏の紹介文を読み、帯文を読み、ページを開く。するとそこに宇宙が現れる。どんどん活字が大きく濃く強くなっていき雑音が遠退き異世界が拡がる。動悸がする。深く息を吸い込まなければと解っていながらも眼は文字を追い、もっとくれもっとくれと指はページをめくる。「今だ」と思う。「この瞬間だ」と思う。日常でそのように思える時はそうそうない。(中略)三百円の古本は安い。その値段で宇宙を買えるのだから相当安い。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

4.つらいとき立ち直らせてくれる

 

奥野宣之さんの『完全版 読書は一冊のノートにまとめなさい』を引用します。

 

どの本が自分をつくったのか。これがわかっていると、落ち込んだり、切羽詰まったときにも、本が心の支えになってくれます。

僕の場合はアランの『幸福論』がそれに当たります。

他にもたくさんあるけれど、一冊ならこれです。

(中略)精神的にまいってるときに、いざ元気の出る本を探そうと思っても遅い。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

 

 まさに、わたしはこのようなカタチで本に支えられています。

 

 えーんドラえもーん!というかんじで本を開きます。

 

5.知らないことを知ることができる

 

体験し得ないことを、追体験することができます。

 

  追体験とは

[名](スル)他人の体験を、作品などを通してたどることによって、自分の体験としてとらえること。「作者の幼時を追体験する」

コトバンクより

 

フィクションであれば、自分と違った人生を圧縮したものを、

ノンフィクションであれば、専門家が年月をかけて考えた成果を圧縮して、

追体験することができます。

 

大きく言うと、本を読むことによって、これまでの人類の積み重ねた成果の一端に触れることができるのです。

 

このように書くと、「そんな学術的な難しい本は読まないし~」と思われてしまうかもしれません。

でも実はおくさま!絵本でも、人類の積み重ねた成果の一端に触れることができるのです。

一冊紹介します。

 

バージニア・リー・バートン『せいめいのれきし」

f:id:mofnokikotori:20160726054355j:image 

地球が誕生してから現代までの歴史が、演劇仕立てでわかりやすく解説されてる絵本です。

 

およそ3,000,000,000ねんまえから

プロローグ4ば

前アンブリア代の無生物時代 

f:id:mofnokikotori:20160726054418j:image

地球がわかかったころ、とてもいきものは、ここにすめませんでした。

 

およそ550,000,000ねんまえから

1まく1ば

古生代 カンブリア紀

f:id:mofnokikotori:20160726054430j:image

三葉虫は、やく一億年のあいだ、海底の王さまでした。

 い、いちおくねんも!?

三葉虫おそるべし。

 

およそ30,000,000ねんまえから

3まく3ば

新生代 第三紀 中新生

f:id:mofnokikotori:20160726054518j:image

火山が、火をふきはじめました。

(中略)いろいろな種類のほにゅう類が、さまざまな生きかたをこころみていました。

このころのほにゅう類は、いまのほにゅう類のとおい先祖ですが、とてもそうとは、おもえないものもあります。

 

絵本の中のごく々一部をピックアップしましたが、地球の30億年前から現在までを知ることができます。

これを読んだとき、

「へ〜〜!!知らなかった!!」

と驚きワクワクしました。

知らないことを知るって本当にワクワクします。

 

この絵本は50年もの間、大人にも子供にも読まれ続けています。

 

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

せいめいのれきし改訂版 [ ヴァージニア・リー・バートン ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2016/7/27時点)


 

 

 まとめ

 

  この5つのメリットをまとめていうと、人生が豊かになるということかもしれません。

 

本のある人生というのも、なかなか良いものです。

 

 

以上、本を読むメリットの紹介でした。 

本を読む習慣が無い方で読書をゼロからはじめたいなという方は、まずは絵本でもいいですし、簡単かつ興味のある本を手にとってみてもいいかもですね。

 

こんな記事も書いています。

www.mofnokikotori.net

  

ブログ村テーマ
書物、書籍、本

本が好き。